コスメのCMは対象年齢を絞っている

投資情報と評価は > コスメ > コスメのCMは対象年齢を絞っている

コスメのCMは対象年齢を絞っている

近年のコスメCMは、「50代の化粧品」「マイナス5歳肌」などのキャッチフレーズがあり、利用者が選びやすい工夫がされています。数年前は、「エイジングケア」が主流だったのに対し、自分に合った商品が見つかりやすい傾向にあります。

 

「対象年齢はCMの俳優でもわかる」

ハッキリした年齢層が分からなくても、CMに出ている俳優を見れば、自分と同じぐらいの歳の人が見つかるようにできています。あの俳優が利用しているのなら、私にも合うんじゃないかな?と思わせる工夫が見られます。中には、あの人、そんなに歳だったの?と思う方もいらっしゃいますが、実年齢に合った商品を選ぶことの大切さを感じるCMに出来上がっています。

 

「エイジングケアだけではいけない理由」

エイジングケアは、どんなに頑張っても年齢を変えることはできません。身体は普通通り老化が進み、肌の潤いはケアしないと維持できなくなります。年齢に合ったコスメは、そんな老化した肌をカバーしながら、修復機能も期待できる商品です。無理して高額なコスメ商品を使うよりも、自分の肌に合った商品を選ぶことが、結果として肌に良い効果を与えてくれます。

 

「美白になれると話題の美容成分」

これまで様々な美白成分といわれるものが発売されていますが、かつてない効果を実感できるのはハイドロキノンではないでしょうか。しかし、ハイドロキノンを使用するときは注意が必要です。その理由は刺激が強く、肌が荒れるなど副作用の危険性もあるからです。正しい使い方を身に付け美しい美白肌を目指しましょう。

 

「自分らしさを無くさない美しさ」

年齢を受け止め化粧品を選ぶ世論の裏には、不自然なエイジングケアよりも、健康で自然な美しさを求める海外の考えが、取り入れられてきているとも考えられます。ナチュラル・シンプルが大事にされ、オーガニックなどが注目されるのもその流れです。自分らしいコスメを選ぶことが大事だと考える消費者に対して、年齢に合ったCMを作ることは、必然なことなのです。